2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« ナゴヤクラシックカーミーティング2018 | トップページ | その後のプリン »

2018年10月30日 (火)

胃捻転

昨日は、夜中にこちらに行ってきました

Dsc_9575


夜間救急動物病院です


昨日の夜は8時半頃に帰宅し、9時前にプリンにご飯をあげました

いつもならご飯を食べ終わると寝てしまうプリンですが、

昨日は何か落ち着かない様子で、トイレに行ってみたり

部屋の中をうろうろしてみたりと、いつもと違う様子でした


気になりながらも、マロプリもご飯を食べて洗い物をしていると

うろうろしていたプリンが、少し元気なく床に伏せてしまいました

やっぱりなにかおかしいと思いお腹を触ってみると

お腹が風船のようにパンパンでした

そうこうしているうちに元気がなくなって来たので、

これはヤバいと思い、以前動物病院でポスターを見たことがある

夜間救急動物病院を調べて電話


受け入れ可能との事でしたので、急いで連れて行きました



病院に着くとすぐに血圧と心電図を測定したのですが、

みるみる血圧が低下してきて、プリンの意識が遠のいていくのが分かりました

一刻を争う状況でしたので、そのまま点滴をして血圧を上げ

レントゲンを撮りました

すると胃の形が普通でしたら丸い形ですが、真ん中に白いスジが入っていました

胃捻転で胃がねじれて入り口と出口が塞がり

胃の内容物が発酵してガスが発生し胃が膨らんでいました


更に捻じれたことで血管も捻じれて血流が滞り、

あと30分遅かったら多臓器不全とかで助からなかったかもしれないと言われました



原因が分かったので、まずは胃に針を刺してガスを抜いて

内容物も抜けるだけ抜きました

それで治る子もいるのですが、プリンは治らず。。。


さらに次の手を打つのですが、次の手は麻酔が必要になるので

14歳のプリンにはリスクが高いとの事でした

先生にどうしますか?と聞かれましたが、このまま連れて帰れないし

他に選択肢はないので、次の手を打つことに


次の手は、麻酔をして口から管を入れて胃の中を洗浄する、

それでも治らなければ、開腹して手術と言う事でした

プリンの事を考えると、開腹して手術だけは避けたいので

待合室で洗浄だけで治る事を祈っていました


1時間以上待ちましたが、洗浄だけでプリンの胃のねじれは解消しました

やっぱりプリンは、やればできる子ですね



胃の洗浄が終わってから、しばらく様子見と言う事で、

そこから更に一時間強

容態が落ち着いてきましたので、帰れることになりました



が、そこはそんなに甘くなく、

酸素室が必要ですと言われ、酸素室をレンタルすることに

かなり大きな酸素室ですが、なんとかクラウンに積んで帰ってきました


Dsc_9573

家に帰ったら電源とホースを繋いで、プリンを寝かせました

肺にも誤飲と思われる何かの影が映っていたため

高濃度の酸素が必要との事でしたが、

トイレに行く時に出したのですが、呼吸も荒くなく落ち着いていました



Dsc_9572


疲れたのか眠ってますね

因みに11時半過ぎにお店に着きましたが

帰って来たのは5時過ぎ

だからこの写真は朝の5時頃の写真です


プリンはリビングで寝かしたのですが、心配なのでほかっておくこともできず

マロプリもリビングで毛布にくるまって寝ることにしました


が、プリンの事が心配で、30分も寝れませんでしたので

そのまま朝を迎えることに


朝起きた時のプリンは、まだ元気がありませんでした

今日はかかりつけの病院に連れて行くのですが

朝から病院の開く9時が待ち遠しかったです

開院を待ち電話をしたのですが、

酸素室ごと持ってきてくださいとの事でした

電話をしてあったので、急患として診察をしてもらいましたが、

色々な病気が隠れているかもしれないと、いつもの先生に言われました

とりあえず今日は、注射2本を打ち様子を見ることに



今日は嫁が休みでしたので、嫁にプリンを任せ

マロプリはそのまま仕事へ行きました

会社についてもプリンの事が心配で、休憩の度に嫁に様子を確認

夕方にご飯をあげたら、残して元気がないというので、

仕事は部下に任せて帰ってきました



家に帰ると、嫁のラインの内容とは違い歩いて酸素室から出てきました

暫くマロプリと触れ合っていましたが、

疲れてくると

Dsc_9574

こんな感じで寝ています



先程夜食を与えてみましたが、こちらも普通に食べました

少しづつ元気も戻ってきているみたいです



因みに今回の夜間診療でかかった費用は、

酸素室のレンタルも含め約14諭吉でした




プリンの命をそれだけで救えると思えば安いのですが、

結構なお値段でした



暫くは様子見なので、マロプリはお酒も飲めませんが

プリンの為なので、暫くがお酒も我慢です

« ナゴヤクラシックカーミーティング2018 | トップページ | その後のプリン »

マロンとプリン」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お見舞い申し上げます。ご心配お察し申し上げます。
一日も早くプリンちゃんが元のように元気になることを
心から祈っています。

いまさん、お気遣いありがとうございます
おかげさまで、いまのところ再発もなく順調に回復しています
いまさんの祈りが通じたおかげですね
ありがとうございます

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/542431/67329973

この記事へのトラックバック一覧です: 胃捻転:

« ナゴヤクラシックカーミーティング2018 | トップページ | その後のプリン »