2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« 行灯カブのタイヤ交換(後輪編) | トップページ | シロノワール 爽夏 »

2018年7月19日 (木)

行灯カブとモトラのオイル交換

先日、行灯カブとモトラのオイル交換をしました

Img_9836

オイル交換の前に、道具を準備

Img_9834


マロプリ以上の年代には懐かしいチリ紙です

Img_9835


知りませんでしたが、水洗トイレにも使えるのですね

時代の流れでしょうか?


チリ紙と適当な函とビニール袋を準備し、

エンジンをかけて少し暖気します



Img_9822

暖気をしてエンジンが少し温まったら

ドレンボルトの下に函とビニールとチリ紙をセットし、ドレンボルトを外します

Img_9823


オイルを抜いている間に、ドレンボルトを綺麗にしておきます


Img_9850


因みにパッキンも入ってますので、交換しておきます

車用ですが、サイズが合って漏れなければなんでもいいと思います

個人的には。。。



古いオイルが抜けたら、新しいオイルを投入

Img_9824


その前に、オイルの量を確認です




Img_9825


オイルは、ホンダ純正のG1を使用します

もっと高性能で高いオイルもありますが、

カブもモトラも40キロくらいしか出しませんので。。。



Img_9826


ジョッキではなく計量カップで測って



Img_9828


投入



Img_9829


エンジンをかけて漏れがない事と、オイルの量の確認をして終了です



Img_9831


因みに量の確認は、ゲージのネジを緩めた状態での確認です

写真は締め切った状態ですので、この状態で確認して適量ですと

少ないと言う事になるので注意が必要です




Img_9837


カブの次は、モトラのオイル交換です



Img_9838


モトラも基本的にはカブと同じ横型のエンジンですので

同じ要領で交換します

やる事は同じなので、写真は割愛です



Img_9841


モトラのメーターは27349キロでした



Img_9832


行灯カブは6810キロでした

多分一回りしているような気がしますが。。。




Img_9833


抜いたオイルの汚れ具合は、こんな感じでした

どちらもそんなに距離は乗っていないので、

エンジン内が汚れているのですね



行灯カブとモトラの次は、DT50のタイヤ交換ですね


Img_9845


前は2.50-19


Img_9843


後ろは3.00-17

変わったサイズなので、タイヤの選択肢は殆どなしに近い状態なので、

ヤフオクとかで安く入手して交換したいですね

いつになるのか分かりませんが。。。

« 行灯カブのタイヤ交換(後輪編) | トップページ | シロノワール 爽夏 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Motor Cycle」カテゴリの記事

備忘録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 行灯カブとモトラのオイル交換:

« 行灯カブのタイヤ交換(後輪編) | トップページ | シロノワール 爽夏 »