2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« 第10回 昭和のホンダ車ミーティング part5 | トップページ | 名古屋ノスタルジックカーフェスティバル2016 »

2016年6月11日 (土)

ハンドルカバー

我が家に来てから、シフトノブを水中花に換えたくらいで殺風景な軽虎

この度、ハンドルカバーを購入してみました

P6113547

交換前は、畑に止めておいても違和感のない仕様です




で、今回購入したハンドルカバーがこちら

P6113545


極太ハンドルカバー 

金華山の花かごのワインです



ハンドルカバーと一緒に、こちらも購入

P6113546


シフトブーツカバー

こちらもハンドルとお揃いの、金華山の花かごです




早速交換してみました

P6113548


被せるだけなので、さらっと交換完了です。。。

と言いたいところですが、結構手こずりました



ハンドルの外形は、マロプリの実測で368ミリ

ハンドルカバーのサイズは、

外形360~370ミリはSサイズ、370~380ミリはMサイズですが、

Mでは少し大きいかな~と思いSサイズを選択

結構ピチピチで嵌めるのにかなり手こずりました

そのおかげでハンドルとのフィット感はいいのですが、

ピチピチのTシャツを着た時みたいに、

カバーが少しハンドルに引っ張られている感じがします

もしかしたらMサイズでも夜かった鴨。。。



P6113897


ハンドルカバーは、こんな感じです

P6113899


シフトブーツのカバーは、こんな感じ

次は、ドアの内貼りをお揃いの生地に貼り替える予定ですが、

お金と時間は、いつ準備が出来るのか。。。

ちなみに、この記事を読むとマロプリがヤ○キーと間違われそうですが

目指しているのは、昭和のレトロなトラックの内装

子供の頃に憧れた、星桃次郎(菅原文太)の一番星号です

あくまでも内装だけですが。。。 

« 第10回 昭和のホンダ車ミーティング part5 | トップページ | 名古屋ノスタルジックカーフェスティバル2016 »

車ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハンドルカバー:

« 第10回 昭和のホンダ車ミーティング part5 | トップページ | 名古屋ノスタルジックカーフェスティバル2016 »