2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« にっくい亭 | トップページ | メスティンでカレーピラフ »

2016年2月16日 (火)

十字路が見える

読もうと思い購入し、しばらく放置されていたこちらの本

先日、やっとこさ読み終わりました

Dsc_4206


北方謙三先生の十字路が見えるです

ネットでこちらの本が発売されると知ってすぐに購入

Dsc_4213


汚れるといけないので、家にあった包装紙でカバーを作り

忙しさにかまけて、そのまま放置プレーでした





結婚する前は友人と、時には一人で山奥へキャンプに行き

昼間からお酒を呑みながら、よく本を読んでいましたが、

最近は活字と言えば新聞くらいで、本を読む機会もあまりありませんでした

でも、昔から好きな北方先生の本でしたので思い切って購入



この本は小説ではなく、北方先生が積み重ねてきた経験をもとに、

人生の豊穣と黄昏を綴ったエッセイ集です


内容については、ここで色々と書くことはできませんが

一番響いたのは


男の人生は十字路の連続である

右へ行くか左をとるか、それとも真っ直ぐに進むか

君はいま、十字路に立っているかね

つらいものと楽なものが見えたら、つらい方を選べ

それが、ほんとうはつらくない

長く生きた人間からの、ちょっとした忠告さ


この文章が一番響きましたね

人生の中で、選択肢を選ばなければいけない時は多々ありますが、

仕事をしている時に、特に感じる事ですね


低いハードルだけを飛んでいても、所詮は低いハードルであって

その先には何も見えてこない

高いハードルを越えたところにあるものが、

自分にとって大事なものなのかなと思います




そんな風に思えるようになったのは、

ある程度の責任のある立場になってからですけどね





こちらの本、万人向けではないのですが

思考回路を正にしたい人にはお勧めだと思います

« にっくい亭 | トップページ | メスティンでカレーピラフ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 十字路が見える:

« にっくい亭 | トップページ | メスティンでカレーピラフ »