2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« 鹿番長の鍋 | トップページ | 鹿番長の鍋 part2 »

2015年8月 9日 (日)

トイレの修理の備忘録

先日嫁が、1階のトイレのタンクから水が出ていないと クレーム 報告が

Img_5647


確認してみると、タンク上部の手洗いの所から水が出てきませんでした



(注) 分解・修理は自己責任で行ってください

    自信のない時は対価を払って業者に依頼をしたほうが確実です

取り敢えずタンク上部の蓋を外して確認すると、

ボールタップの所が怪しそうだったので、ネットで先人達の知恵を拝見

すると予想通り、ボールタップの所にあるダイアフラムがお亡くなりになった模様



まずはタンクの品番を確認

Img_5660

品番は便座の裏側と、

Img_5662

タンク本体の後ろ側に記載されていますが、

タンクの後ろ側は普通は壁なので、鏡で見るかカメラで撮らないと見えないかも。。。



で、品番が確認できたら、今度はダイアフラムの品番を確認

ダイアフラムの品番は、検索するとすぐに出てきます

因みにうちの場合、品番はTH405Sです

共通部品だと思われるので、大体のタンクはこちらを使用していると思われます



品番が分ったら、早速ホームセンターへGO

ですが、嫁と買い物のついでに出掛けたのですが、

日用品の買い物が多く、買い忘れる始末

あとからもう一度走る羽目に。。。



で、気を取り直してホームセンターに行くと、

ありました

Img_5643


TH405S TS809A型用ダイアフラム

Img_5644


ちなみに予備にもう1個欲しかったのですが、在庫は1個しかありませんでした

ア○ゾンや○天市場でも売っているのですが送料が。。。

家に帰り、早速開封

Img_5645


Img_5646


プラスチックの部品に孔の開いたゴムが付いているだけの部品です

ちなみにこのゴムが曲者みたいで、早いと3~4年で逝かれるそうです

うちのは約10年半ですから、長持ちした方かな?




で、部品を手に入れたら早速交換


Img_5652


まずは水を止めます

最初にこれをしないと大変な事になりますので

Img_5647_2


次にタンク本体の上部のカバーを外し


Img_5648


ネジ止めされている黒いカバーも外し、



Img_5649


その下のカバーも外します

因みに10年間掃除してない割には綺麗に見えますが、

前日に確認の為に一度外して掃除してあります

掃除する前の状態は、とても掲載できる状態ではありませんでしたが。。。




で、カバーをすべて外すとタンクの中が覗けるようになります

Img_5650


ここからが本番ですが、まず最初にボールタップを外します

Img_5651


ボールタップを外すには、オレンジのクリップを外し



Img_5653


アームの左右を摘みながら引き上げると外れます




Img_5654_2


ボールタップを外したら、ダイアフラムを固定しているネジを外し



Img_5655


ダイアフラムを外します



Img_5656


Img_5657


外したダイアフラム(右)と新しいダイアフラム(左)

部品の形状が少し変更されてます

比べてみると、ゴムの劣化が進んでますね




で、あとは外した逆の手順で組みつけて行くのですが

ダイアフラムには取付方向があるのでご注意を

ダイアフラム本体の爪の形状が違うので間違える事は無いと思いますが。。。

組み付けが完了したら、水の元栓を開けて早速確認


Img_5659


水を流してみると、上の手洗いの所から水が

修理完了です




今回の修理にかかった費用は、部品代の577円のみ

部品は安いのですが、修理を依頼するとなると人件費・出張費で

結構な額になるのでしょうね

取り敢えずは自分で修理が出来てよかったです





諄いようですが、分解・修理はあくまでも自己責任で行ってください

記事なので簡単に出来る様な感じで書いてありますが、

プラスチック系の部品は劣化が進むとすぐに割れてしまうので、

それでも行いたい方は、勉強代を覚悟の上でご自由にどうぞ

« 鹿番長の鍋 | トップページ | 鹿番長の鍋 part2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

備忘録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トイレの修理の備忘録:

« 鹿番長の鍋 | トップページ | 鹿番長の鍋 part2 »