2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« シャンプーと選挙 | トップページ | 自作スモーカー2号で初モクモク »

2015年2月 2日 (月)

自作スモーカー2号

先日完成した、こちらの函。

Img_4349


自作のスモーカー2号です。







ちなみに先代のスモーカーは、こちら。

Img_4270


プライスレスの段ボール製スモーカーでした。

こちらのスモーカーでも、問題なく燻製はできるのですが、

会社と家に適当な空き缶があったので、スモーカーを新調する事に。




Img_4299

材料は、会社に転がっていた空の一斗缶。

ちなみに中身はメチルアルコールでした。


Img_4301

もう一つは家に転がっていた、せんべいの空き缶。

この二つを使いスモーカーを制作です。




まずはイメージプレーを。

Img_4302


こんな感じで完成です。



早速製作。

Img_4304


煎餅缶に一斗缶と接合する為の孔を開けて、




Img_4311


底面の接合のカシメを解きます。



Img_4313

全周カシメを解いて、ハンマーの柄で軽くたたくと底板が外れます。

この時に外した函の端面は、ハンマーで叩いて真っ直ぐにのばしておきます。




Img_4314


一応合体できるか確認。

続いて一斗缶の加工。




Img_4318


まずは側面に開口を。

この孔がスモークチップを入れたりするための開口です。

孔を開けたら、

Img_4320


四隅に斜めに切れ込みを入れ、

手を切らない様にヘミング(180度曲げ)を行います。



Img_4325


まずはペンチで鋭角に曲げ、




Img_4326


あとは180度の折り返し曲げになるように、

少しづつ叩いて曲げて行きます。




Img_4327_2


チョット失敗したところもありますがヘミングが終了。

続いて網を乗せる所と接合部、空気の取り入れ孔を加工。

Img_4343


けがきを入れて孔を開けます。

続いて、開口部の扉を。


Img_4329


最初に外した煎餅缶の底板を、適当な大きさに切り抜き、




Img_4335

こちらも手を切らない様に、4辺をヘミングします。



Img_4336


少し歪がありますが扉が完成。




Img_4342


そこらに転がっていた蝶番を取り付けます。




Img_4345


最後に一斗缶の天井を切り抜きます。

こちらは強度が欲しいので、缶切りでくり抜きカシメを残します。


Img_4346


天井を抜き取ったら、内側に出たバリ取りをして洗浄。

台所洗剤で3度洗いしました。




Img_4348


一斗缶と煎餅缶をボルトで接合。




Img_4353


網を乗せる所に眺めのボルトを取付て完成




Img_4355


網を乗せると、こんな感じ。

3段まで乗せれます。




Img_4350


チップの出し入れは、扉から出来るようになってます。




Img_4356


背面側には空気穴を開けてあります。


あとは温度計を差し込む孔と、中を確認できる小窓が欲しい所ですが、

取り敢えずは完成。

気になるところは、使いながら修正の予定です。





« シャンプーと選挙 | トップページ | 自作スモーカー2号で初モクモク »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

工作ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自作スモーカー2号:

« シャンプーと選挙 | トップページ | 自作スモーカー2号で初モクモク »