2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« 本田宗一郎ものづくり伝承館 | トップページ | ヨンメリ »

2013年12月19日 (木)

タコメーター取付

先日、虎にタコメーターを付けてみました。

Img_1692


注)作業は自己責任でお願いします。

  この先は、ご理解できる方のみお進みください。

今回取り付けたのは、こちら。

Dsc_0959


Auto gaugeのφ60です。

本体とは別にメーターフードも付いてます。

Dsc_0960


台湾のメーカーですが函には、

Dsc_0961


品質保証は台湾でNo1と書いてあります。

マロプリの口癖は、”自称○○が一番怪しい”ですが、

自分でNo1なんて。。。

大丈夫でしょうか?

函を開けてみると、

Dsc_0963


メーターと、

Dsc_0966


ケーブルのシンプルな構成です。



Dsc_0967


取説は英語ですが、

Dsc_0968


日本語版も付いていました。

多分、お店の方で作ったものだと思われますが。。。




まずはECUの配線の確保の為に、シフト周りを解体。

Img_2423

シフトノブの前に見る函がECUです。

Img_2424




続いて、電源確保の為にセンターのパネルを解体。

Img_2427

Img_2428

テスターで確認しながら、ラジオのコネクターから電源を確保します。

常時電源・ACC電源・イルミ電源・アースを確保したら、

あとはECUから回転信号を取るだけです。



ECUの回転信号は向かって右側のコネクタの中にありますが、

場所は調べてください。

ちなみにマロプリはネットで調べた後、心配だったので

ディーラーで配線図を貰ってきましたが、

車検証を見せて配線図を貰ってきたのに、

解体してみたらコネクタのピン数が違っていました

ダメじゃんダイハツ



で、配線をつなぐ前に設定です。

Img_2426


1~9気筒まで対応しているみたいですので、

自分の車に合った設定にします。




で、固定する前に仮で配線をつないで動作確認です。

エンジンをかけてみると、

Img_2430


暖気中なので少し高めの回転数ですが、ちゃんと動作しています。

照明もイルミも問題なさそうです。

問題がなさそうなので、ちゃんと配線をする事に。

Img_2431


少し面倒だったので、適当なチューブに配線を入れ、



Img_2433


見やすそうな所に固定して終わりです。




ちなみに、メーターを固定するケースのボルトは、

Img_2432


六角ボルトが使われているのですが、レンチは付属していませんので注意です。

マロプリは持っていたので問題ありませんでしたが、

今ならダ○ソーでも売ってますので。。。




で、これで完了と思いきや、大事なものを忘れていました。

Dsc_0970


メーターフードを付け忘れています。

Dsc_0974


メーターを外してメーターフードを付けて完成です。

エンジンが温まってくると、規定通りの回転数800rpmで安定していますので、

メーターの精度は問題がないと思われます。




この後、1週間ほど使ってみましたが、

今までは5速50キロくらいで4~5000rpm位回っているのかなと思っていましたが、

実際には2800rpm程度でした。

マロプリが普段通りに運転してみると、

大体3,000rpmでシフトチェンジしていました。



ただ気になるのはギア比。

3000rpm位でシフトチェンジしていくと、

500rpm程回転数が落ちながらシフトアップしていくのですが、

3速から4速にチェンジする時だけは、1000rpm程回転数が落ちます。

ここだけギア比が離れているってことですよね~。

マロプリ地方は坂が堤防・陸橋・橋・高架位しかないので気になりませんが、

少し坂があるところですと、4速にシフトした時に失速しそうです。



で、肝心な使用感ですが、特に大きな問題はないのですが、

回転数が上がる方にはクイックに反応しますが、

回転数が落ちる方に対しての動きは鈍いです。

あと、1回だけ針が3000rpm以下に戻らない不具合が。

3000rpmをアイドリング状態(800rpm)として動いていました。

ステッピングモーターなので、回転数に対して動く量は同じですが。。。

ちなみにこの問題は、一度エンジンをオフにしかけなおすと、

最初にオープニングセレモニーが行われますので解消されます。



あと気になったのは、夜になってからの窓への映り込み。

Dsc_0980


ミラーの上部に少しメーターが写りこんでいます。

ハンドルポストの上に設置すれば解消できそうですが、

オンダッシュの方が見やすいので、これは我慢かな。

最初はφ80が欲しかったのですが、○天で3,400円ほどと、

安さに負けて付けてみましたが、丁度いい大きさでした。

今まではスピードメーターしか見ていませんでしたが、

今はタコメーターのみでスピードメーターは殆ど見ませんね。

回転数で大体のスピードが分かりますしね。

やっぱりマニュアル車にはタコメーターは必需品ですね。




最後にくどいようですが、取付は自己責任でお願いします。

« 本田宗一郎ものづくり伝承館 | トップページ | ヨンメリ »

車ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タコメーター取付:

« 本田宗一郎ものづくり伝承館 | トップページ | ヨンメリ »