2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« 第10回龍水の都クラシックカーフェスティバル 番外編part2 | トップページ | タコメーター取付 »

2013年12月18日 (水)

本田宗一郎ものづくり伝承館

先日の天竜でのイベントの際に、こちらにも寄ってみました。

Pb037340


本田宗一郎ものづくり伝承館です。




本田宗一郎
と言えば、言わずと知れた本田技研工業の創業者ですが、

彼の生誕の地が静岡県の天竜区であるので、

平成22年に、こちらの伝承館が出来たみたいです。

Pb037337


平成22年の開館にしては、少し歴史を感じる建物ですが、

Pb037338


建物自体は国の登録文化財である旧二俣町役場を使用しています。


中に入ると、

Pb037341


いきなりZ50Aのモンキーが。

しかも、

Pb037343


メーターは1キロのままです。

4Lタンクのモンキーは、すっきりした形がいいですね。

Pb037344


こちらは、ハンマーを持つ右手の犠牲になった左手の説明されています。

Pb037346


右下の紙には説明書きがありましたが、

なにかを成し遂げた人の言葉ですので、やはり重みがあります。

心に響きました。



Pb037355


Pb037356






Pb037358


Pb037359








Pb037363


Pb037364






Pb037367


Pb037371


Pb037369






Pb037373


Pb037374


本田の技術の高さをアメリカに示したCVCCエンジン。

シビックに載っていたエンジンです。



Pb037383

モンキーのデザイン画。

Pb037387

愛用したドラフター。

晩年はこちらのドラフターで絵も描いていたそうです。

ちなみに、マロプリは以前に勤めていた会社で同じメーカーのドラフターで

図面を書いていましたので、少し懐かしかったです。

Pb037394

Pb037396


Pb037400

Z50Aが数か所に展示されていました。

モンキーにしても、スーパーカブにしても、今でも根強い人気がありますね。

Pb037406

Pb037404


愛用の絵の道具達と作品。



Pb037408


原動機付の自転車

奥の一台は燃料タンクンに湯たんぽが使われていましたが、

代用品でしょうか?




本田の車には、あまり良いイメージの無いマロプリですが、

本田宗一郎ものづくり伝承館は興味深いものがありました。

その中に、こんな言葉がありました。

”当社は絶対に他の模倣をしない。

どんなに苦してくても、自分たちの手で日本一、いや世界一を”

今の日本が忘れかけている大切なものが、

この小さな建物の中に詰まっているような気がしました。

« 第10回龍水の都クラシックカーフェスティバル 番外編part2 | トップページ | タコメーター取付 »

旅行・地域」カテゴリの記事

車ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本田宗一郎ものづくり伝承館:

« 第10回龍水の都クラシックカーフェスティバル 番外編part2 | トップページ | タコメーター取付 »