2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« 第8回NOS缶コーヒーブレークin安曇野 part2 | トップページ | 第8回NOS缶コーヒーブレークin安曇野 part4 »

2013年7月30日 (火)

第8回NOS缶コーヒーブレークin安曇野 part3

今回は、こちらの車からスタートです。

P7286446


ダイハツ・フェローマックス

P7286445


当時としては珍しいFFで、軽初のピラーレスハードトップと話題満載の車ですが、

マロプリが気になったのは車両重量。

495㎏って事は、最近の軽自動車の半分くらいって事ですね。

大きさの違いがあるので一概には言えませんが、

今時の車にも、これくらいの潔さが欲しいですね。





P7286448_2


ルノーサンク・ターボ

P7286452


ラリーの為に作られた車ですが、凄いボリュームですね。



P7286453_2

ちなみに、こちらが普通のサンクです。

スマートなデザインです。



P7286456_2


S600

P7286457


こちらも、トランクにキャリアが付いています。




P7286459


Y30

P7286461


昭和の絶壁ボディーを代表する高級車ですが、

P7286460


中を覗くとマニュアル車でした。

今の時代では考えられない組み合わせです。

でもY31のグランツでもマニュアルがあった様な気が。。。





P7286463


31レパード

P7286465


車内には自動車電話が。

今でも使えるとオサレかも。。。




P7286467


硬派なかほりが漂う86レビン

P7286468


エンジンルームも、

P7286470


車内も硬派です。

ドアの内張りも外してあると更に硬派ですが、

安全上の問題がありそうですね。



P7286472


27レビン

当時のラリー仕様を参考に、車高をあげてあります。



P7286477


隣にも27がいましたが、比べてみると、

P7286473


高さの違いは歴然です。

片方が高くて、片方が低くなっていますが。。。




P7286478


トゥディ

小さなシティみたいなデザインです。




P7286479

ベレG




P7286480

ミニエース

パブリカと同じエンジンを積む貨物車。

使いやすそうな大きさです。

これくらいのバンを新車で出してくれないかな?




P7286483


パブリカ・コンバーチブル

P7286484


コンバーチブルらしいデザインです。

今は安全性の問題があるので、真似が出来ない形ですね。




今回は、この辺で。






« 第8回NOS缶コーヒーブレークin安曇野 part2 | トップページ | 第8回NOS缶コーヒーブレークin安曇野 part4 »

車ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第8回NOS缶コーヒーブレークin安曇野 part3:

« 第8回NOS缶コーヒーブレークin安曇野 part2 | トップページ | 第8回NOS缶コーヒーブレークin安曇野 part4 »