2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« 第5回飛騨高山オールドカーの集い part1 | トップページ | スープラ »

2013年5月14日 (火)

第5回飛騨高山オールドカーの集い part2

先日の続きです。

今回は、こちらの車からスタート。

P5123412


110サニーです。

P5123414

P5123415





P5123419






P5123420


コスモスポーツが2台ですが、見慣れた白ではなく黒は違う車に見えます。




P5123422


P5123428


ディーノ

エンツォの遺児の名を冠した車ですね~。

デザインは、

P5123429


イタリアのカロッツェリア、ピニンファリーナです。




P5123427


ランボルギーニ・カウンタック

スーパーカーブームの頃に憧れましたね~。

P5123448


鬼の様に太いタイヤですが、

P5123449


345/35-15と幅はかなりありますが15インチです。

時代を感じますね。




P5123451


カレラRS

こちらの車も、サーキットの狼世代には懐かしい車ですね。

P5123452


車内の鉄パイプと4点ベルトが痺れますね~。

一度でいいから乗ってみたいです。




P5123455

こちらはあまり見かけない車ですが、

昭和41年式のシンガーヴォーグと言う車みたいです。




P5123460


続いてはソアラですが、こちらの車、なんと、

P5123466


500台限定のエアロキャビンです。

マロプリは買いに行ったのですが、完売で買えなかった車ですね。

あの頃は、こんな高価な車が躊躇なく買える時代でした。




P5123468





P5123479





P5123483

ベルトーネ X1-9




P5123506


430

日産のデザイナーが雲形定規を紛失し始めた頃の車ですね。

グリルには、

P5123507


カー・オブ・ザ・イヤーのエンブレムが輝いていました。

日本初のターボエンジンも430でしたね。




P5123508


今の安全基準では考えられない、ピラーレス・ハードトップです。






P5123511


あまり古く感じない86ですが、こんな86も。。。

P5123522





P5123521


カローラバンと、



P5123523


カローラセダンですが、こちらの車は、

P5123525


左ハンドルの帰国子女です。



P5123469

ダルマセリカに、


P5123478


最後はケンメリ。

今回は、この辺で。

あと2回分くらい写真があるので、まだまだ続きます。










« 第5回飛騨高山オールドカーの集い part1 | トップページ | スープラ »

車ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第5回飛騨高山オールドカーの集い part2:

« 第5回飛騨高山オールドカーの集い part1 | トップページ | スープラ »