2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« トヨタ博物館(本館編) | トップページ | 拉麺ハッパ »

2013年2月12日 (火)

トヨタ博物館(新館編)

前回の本館編に続き、今回は新館の紹介です。

新館は本館とは少し違い、車と共に生活文化の変貌が垣間見れます。

さっそく紹介です。

P2110809

新館に入ると、最初に人力車が現れ、その後は、

P2110820


よく分からない三輪のトラックや、

P2110823


シルバーピジョンが。

三菱重工製のスクーターです。

痺れますね~




P2110859

RS20クラウンのタクシーです。

今でもこんなタクシーが走っていたら乗ってみたいですね。




P2110895


コロナのピックアップ。

こちらも初めて見たかな。



新館は車だけではなく、こんなものも展示されています。

P2110881


クラシカルなカメラです。




その中に、こちらのカメラが、

P2110884


オリンパスのペンです。

ちなみにこちらの写真も、オリンパスのPENで撮りました。

ご先祖様とご対面ですね。




他にも、

P2110855



こんな懐かしい家電や、




P2110913


懐かしい雑誌も展示されています。

1972年12月の表紙を飾っているのは、(多分)T-REXのマーク・ボランです。

マロプリが丁度2歳になる頃の雑誌ですね。

他にも、

P2110937


懐かしいテレビなんかがありました。

ちなみにこちらのテレビ。

マロプリの家にもありました。

実家はリビングにしかテレビがなかったので、

チャンネル争いが起こった時には、2階でこちらのテレビを観てました。

ちなみに親が家を建て替えた、2001年位までは家にあった様な気が。。。

今思えば、捨てずに残しておくべきでしたね。




新館は、他にもたくさん紹介したい物があったのですが、

マロプリの一押しはこちらです。

P2110868


初代マスターライン。

こちらの車、Wiki pediaの写真に使われている車です。

なかなかお目にかかる事が出来ない貴重な車両なので、

P2110872


P2110873


P2110874


P2110875


P2110877


写真を撮りまくりです

マスターラインをつまみに、お酒が1升くらい飲めそうな勢いです


特に、後ろからの眺めが最高ですね。

昔の車は、今ほど技術がなかったので加工硬化で強度を出す為に、

プレスが多用されています。

そのプレスラインが、また美しいのですよね~。

初代マスターライン最高です

車がもう少し手前に展示されていたら、もっと沢山後ろ姿を撮れるんですけどね。

ちなみにマロプリは、この1台で十分入館料の元が取れた気分です。




この後も、館内を舐める様に見て回り、

3階のギャラリーに展示されていた、歴代のカタログも見た後は、

1階にあるミュージアムショップで、記念にこんなものを買ってきました。

Img_0191


トヨタ博物館カレーです。

特別企画展の期間限定のカレーもあったのですが、トマトカレーだったので、

シンプルにチキンカレーとビーフカレーを購入です。



もう一つは、

Img_0195


特別企画展のステッカーです。

で、最後の最後に、こちらに乗って来ました。

P2110993


ボンネットバスです。

こちらのバスは、

P2110994


車内もご覧下さいと言う事なので、もちろん乗車してきました。

ボンネットバスは乗った事がないのですが、

中を見ると、こんな所に目が行ってしまいます。

P2110999


多分、フロントガラスをフリップアウトする為の金具ですが、

現代の安っぽい造りの金具ではなく、凝った作りになってます。

昔の物を見ると感じる事なのですが、

部品の作り方が現代とは違い、一つ一つが凝った作りになっている事が多いです。

今ほど色々なマテリアルがなかったせいもあるのでしょうが、

コスト優先が優先される現代で、

忘れかけた何かを思い起こしてくれるような気がしました。



2回に渡り紹介してきたトヨタ博物館ですが、

今回撮った写真だけでも500枚くらいありました。

見た事のない歴史を感じる車から、マロプリの青春時代を飾った車、

そして現代の車まで、色々な車が展示されていました。

マロプリみたいなトヨタ派の人はもちろん、

アンチトヨタの人でも十分に楽しめると思うので、

近くの人は是非一度、足を運んでみてはいかがでしょうか。

ちなみに、青い鳥・Z・コスモスポーツ等の、

トヨタ車以外も多数展示されていますので。。。

« トヨタ博物館(本館編) | トップページ | 拉麺ハッパ »

車ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トヨタ博物館(新館編):

« トヨタ博物館(本館編) | トップページ | 拉麺ハッパ »