2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« 迷い猫 | トップページ | 迷い猫 part3 »

2012年10月 7日 (日)

迷い猫 part2

先日の続きです。

果たして、子猫の運命はどうなったのか。。。



マロプリが会社に出掛けた後、嫁が猫を庭に放しておいたそうです。

すると子猫は、またまた駐車場に降りていたそうです。

しばらくすると、親猫らしき猫が来たそうですが、

子猫の匂いを嗅ぐと、そのまま立ち去り、二度と現れる事は無かったそうです。




と、言う事は、この子は育児放棄されたの???



当日は朝から、とある取引先の懲罰委員会に呼ばれていたので、

子猫の事を考える余裕はなかったのですが、

お昼にメールを見ると、嫁からメールが来てました。


見てみると、お昼の時点で子猫はまだ駐車場にいるとの事。

しかも、鼻がかなり詰まっている様子。

嫁がミルクを買ってきて与えたら、少し元気になったみたいで、

庭と駐車場を、うろうろし始めたみたいです。

でも、そのあと駐車場の隅でへそ天をしていた時は

死んだと思ったみたいですが。。。



メールを見て、この調子なら、帰るまでにはお家に帰るかな?と、

少し安心したのですが、気になるのでスーパー定時で帰ってみると、

駐車場に子猫の姿は確認出来ませんでした。



どこかで元気にやっているかな~と、少し心配になりましたが、

そこに嫁が登場。

で、まだ駐車場にいるよ、との事。

嫁に車の下にいたと言うので覗いてみると、子猫の姿は見えず。

家に庭や、前の田んぼ、隣の家の塀の中も探しましたが、姿は見えず。

辺りはだんだん暗くなり、少し心配になりかけた時、

ふとマロプリの車の下を見ると、いました。

マフラーの下の温かそうな所に。


早速確保と思いきや、車の真ん中あたりにいる為に手が届かず。

棒を持って来て誘導してみましたが、なかなか出てこず、

最後はタイヤの上に逃げた所を確保。


確保したはいいけれど、どうすればいいのやら。。。

とりあえず、いつもお世話になっているこちらの動物病院に電話。

かくかく・しかじかと事情を説明すると、とりあえず連れて来てくださいとの事。

適当な手提げ袋に入れて連れて行きました。



で、先生に診てもらうと、風邪をひいて少し弱ってるみたいです。

検便をして、蚤取りをして、耳を掃除して、目薬をさして・・・

色々と治療して頂きましたが、問題はこのあと。


この子猫をどうするかなんですよね~。

とりあえず家で保護する事にしたのですが。。。

病院では、薬とご飯を貰って帰って来ました。

ちなみに、今回は薬とご飯代のみで治療費は免除して頂きました。

佐藤先生、ありがとうございました。



家に帰る車の中で、この後どうするかな~と考えていました。

家にはマロンとプリンがいるので、猫は厳しい様な気が。。。

でも嫁は、既に名前を考えていました

あんた既に飼う気満々やんと思いましたが、

同時にこの嫁で良かったな~と思いましたけど。


この状態で、どこかに譲渡する事も出来ないし、

外にほかっておいたら、衰弱して行くのは確実だし。

放置された小さな命ですが、見殺しにすると言わなかったので少し安心しました。

ちなみに名前は帰りの車の中で決まりました。

子猫の名前は”みかん”と命名しました。

犬ならレモンかメロンでしたが、猫なので和風な名前と言う事でみかんにしました。

三毛猫のみかん。

通称、みーちゃんです。



で、家に帰って来たのですが、とりあえずお家が必要なので作ってみました。

Dsc_1913

段ボールハウスですが、シートとタオルを敷いてあげました。

ちなみに、病院で少し綺麗になってきた子猫は、こんな感じ。

Dsc_1915


お顔は綺麗になりましたが、右目が少し変です。

もしかしたら見えていないかもしれないです。

ちなみに、耳も何かにかじられていると先生が言っていました。

耳をかじられるなんて、ドラえもんか?

こんなボロボロの子ですが、とりあえず小さな命にご飯をあげました。



すると結構美味しそうに食べてます。

朝はそんな元気もありませんでしたが、結構たくさん食べました。

ご飯を食べると元気が出たので、少し歩きまわります。

きっと何日もご飯を食べてなかったんでしょうね。

やせ細った体が物語ってましたけど。


この後マロプリは呑み会に出掛けたのですが、

飲み会の最中も気になって気になって。。。

人の話なんて、半分も聞いていませんでした


で、一次会を強引に閉めて、マッハで帰宅。

するとみかんは段ボールハウスの中でスヤスヤと寝ていました

なんて可愛い寝顔なんでしょう。

ただ問題はマロンとプリン。



マロンはともかく、プリンは必要以上に執着するタイプで、

段ボールハウスの前で座り込み、吠えるは鼻で突くは。。。

みかんを玄関に置き2階の寝室で寝たのですが、

このあと朝まで2階で、ワンワン・キュッキュと落ち着かない様子でした。

おかげでマロプリも寝不足に。



この続きは、また後日。

« 迷い猫 | トップページ | 迷い猫 part3 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 迷い猫 part2:

« 迷い猫 | トップページ | 迷い猫 part3 »