2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« チキンタツタ | トップページ | 増量希望 »

2012年4月22日 (日)

観察日記

雨で乗り回す事が出来ないこちら。

Dsc_1182


少し観察してみました。

今年で30歳になる御老体ですが、

通常使用する上で年齢以上に問題な事が結構あります。

一番の問題が灯火類が暗い事。

これは6V車すべてに共通するネタだと思うのですが、

モトラは同じ6VのDTと比べても桁外れな暗さ。

ヘッドライトは嫁の自転車よりも暗いし、ウインカーは消えそうな豆電球の様な暗さ。

おまけにウインカーなのに、暗いまま点灯し滅多に点滅しない。

ヘッドライトは夜に乗る事がほとんどないので、

あまり問題無いと言えば問題ないのかもしれませんが、

ウインカーはさすがに。。。危険です。



12V化・LED化以外に何か解決策はないのかな~と探していましたら、

ウインカーを交互点滅させる方法があるみたいです。

バッテリーレス車では定番みたいで、同じホンダでも、エイプ等のバッテリーレス車は

純正でウインカーが交互点滅するそうです。

交互点滅化を検討する前に、実際にどれくらいの効果があるのかモトラで観察。

通常の状態でウインカーを点灯させると、

Dsc_1305


こんな感じ。

写真で見るとそれなりの明るさですが、上から見てみると、

Dsc_1302


やっぱり暗いですね。

今度は後ろの球を外した状態で、同じ様にウインカーを点灯させると、

Dsc_1304


先程より少し明るく感じますが、上から見ると、

Dsc_1303


先程よりも確実に明るくなっています。

当たり前の事ですけどね。



ちなみに今までの写真は、ヘッドライトを点けていない状態ですが、

法規上では、走行中はヘッドライトを点灯しなくてはいけないので、

ヘッドライトを点灯した状態で比べてみると、

Dsc_1306

Dsc_1309_3


これが通常の状態。

風前の灯です。


Dsc_1307


Dsc_1308


こちらが、後ろの球を外した状態。

ヘッドライトを点けても、十分な明るさがあると思われます。



と、言う事は、ウインカーを交互点滅させれば、この問題は解決できるかも。

で、早速詳しく調べてみましたが、自作する方がかなり見えますが、

マロプリは電気関係には弱いので、一から自作するとなると。。。いつになる事やら。

更に調べてみると、世の中には便利なものがありました。

見つけたのはノース・ロードという会社の製品ですが、

ウインカーリレーを外し、前後のウインカーを分断するだけでOKと言う手軽さ。

これならマロプリにも出来るかも。


早速購入と思いましたが、せっかくなのでもう少し勉強してからにしようかな。

意外と簡単に自作できるのかもしれないし。

« チキンタツタ | トップページ | 増量希望 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Motor Cycle」カテゴリの記事

工作ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 観察日記:

« チキンタツタ | トップページ | 増量希望 »