2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« 明日からです | トップページ | せっかく買ったのに。。。 »

2012年3月 7日 (水)

花粉症

雨上がりの今日は、花粉を感じる一日でした。

マロプリは、昔は黄色い花粉が舞う山に出掛けても平気でしたが、

いつの日からか花粉症に。

今日も少し目が痒かったのですが、お昼休みにこんな記事を見つけました。


以下は@niftyのニュースからの抜粋です。

タイトルは、ストレスで悪化する花粉症・・・こう乗り切れです。

本格的な花粉症のシーズンに突入した。今年は例年に比べて飛散開始時期が遅いが、

まもなく飛散がピークになると予測されている。

この時期は、決算や職場の異動などでストレスがたまりやすい。

それが花粉症の症状を悪化させる要因といわれているが、

実際はどうなのか。専門家に話を聞いた。

 ■免疫バランス崩れ

 

 花粉症の4大症状は、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ。

スギの花粉が粘膜に付着すると、アレルギー反応によって症状が引き起こされる。

この症状には個人差があり、リラックスして粘膜への血流量が増えたときに、

症状がひどくなる人もいる。

では、仕事の追い込みで緊張して粘膜への血流量が減ったときにどうなのか。

 

 長年、花粉症の診断と治療を行っている赤坂山王クリニック(東京都千代田区)の

梅田悦生院長が説明する。

 

 「一時的に受ける大きなストレスでは、粘膜への血流の減少や免疫力の低下などで、

アレルギー症状が抑えられることはあります。

しかし、(会社の)決算期のように一定期間ストレスがかかると、

免疫機能は過敏に反応しやすくなります。

正常な免疫機能の働きがバランスを崩す結果、

花粉症の症状が悪化することが考えられるのです」

 

 ストレスによって免疫機能が低下すると、風邪などの感染症にかかりやすくなる。

スギ花粉に対しては、過敏に反応してしまうのだ。

 

 ■弱点で症状悪化

 

 元来、ストレスはさまざまな病気に関与している。

胃潰瘍や十二指腸潰瘍、高血圧、狭心症、片頭痛、ぜんそくなど、

数え上げれば切りがないほど。

では、なぜ人によって症状が異なるのか。

 

 「ストレスでダメージを受けるのは、その人の身体的に弱い部分といわれています。

胃弱な人は胃潰瘍になりやすく、動脈硬化が進んでいれば狭心症を起こしやすい。

今は花粉症の時期だけに、その症状をひどくしてしまう人がいるのです」と

梅田院長は指摘する。

 

 今年は花粉飛散量が少ないからと油断していると、

一気に飛び始めたスギ花粉にアタックされて症状がひどくなる。

加えて、仕事などのストレスがその症状を後押ししてしまうのだ。

そこで、梅田院長にストレスで花粉症を悪化させない5カ条を挙げてもらった。

 

 ■ポジティブに

 

 ストレスが身体に悪影響を及ぼすことはわかっていても、

決算や年度末の時期には、そのストレスから逃れることが難しい。

しかし、気持ちを切り替えると、そんなストレスを軽減することが可能だ。

 

 「SMAPなどの歌の作詞をしている作詞家の森浩美さんが、

最近、楽しいことだけを書く日記帳を作ったそうです(www.iine365.com)。

今の時代はストレスがたまることが多い。

それを軽減するには、楽しいことを意識して考えることが必要だと思います」(梅田院長)

 

 仕事のミスには向き合わなければいけないが、

他人から自分に浴びせられる理不尽な言動は、見なかったことにする。

そして、楽しいと感じられることを記憶にとどめる。

それがストレスから逃れるコツという。

 

 「楽しい記憶を書きとめて読み返すと、イヤなことを忘れてしまうことがあるでしょう。

ポジティブシンキングでストレスが減れば、花粉症の症状も軽減されます」と

梅田院長はアドバイスする。

 

 花粉の防御だけでなく、ストレス対策もしっかり講じて、花粉症シーズンを乗り越えよう!

 

 ■ストレスで花粉症を悪化させないための5カ条

 

□マスク、メガネ、薬で物理的に花粉を防御する。

特にメガネは目の涙腺から鼻涙管を通って花粉が侵入するのを防ぐために必要不可欠

 

□外出時にはなるべく地下道や地下鉄を活用する。

帰宅後にはシャワーを浴びて花粉を落とす

 

□仕事の合間に、花粉症に対する薬用茶の成分が入っているお茶やノンシュガーの

アメで、リラックスを心掛ける

 

□他人の理不尽な言動は、「見なかった」「聞かなかった」ことにするなど、怒りや悲しみといったネガティブな感情を抱き続けないように心掛ける

 

□今日の楽しい出来事だけを日記に書く。

そのためにも、うれしいと思えることを意識して探す

以上が記事ですが、マロプリは一つ思い当たる事がありました。

マロプリは、30歳になったら会社を辞めて転職すると決めていたのですが、

辞めたら半年間は何があっても働かないと決めていました。


12月20日に辞めて、翌年の6月21日に就職をしたのですが、

その間はぷー生活でした。

間に花粉症の季節があったのですが、

毎日のように、スキーにスノボ、釣りに呑み会と遊び惚けていたのですが、

不思議とこの時は、花粉症の症状が気にならなかったです。

花粉症とストレスに因果関係があるかな~と思った出来事です。



ちなみに、ここ数年はカルピス㈱から販売されている、

アレルケアを飲んでいるのですが、

昨年まではあまり効果が。。。でしたが、今年は例年になく症状が軽いです。

やっぱり、継続は力なりですかね。

« 明日からです | トップページ | せっかく買ったのに。。。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花粉症:

« 明日からです | トップページ | せっかく買ったのに。。。 »